お知らせ-topics-

お知らせ-topics-

TOP > お知らせ

早川和宏弁護士の報告等が掲載された『未来への記録―リスクを回避するための自治体の文書管理』が出版されました。

2020年2月25日、早川弁護士の冒頭報告、パネルディスカッションが掲載された書籍『未来への記録―リスクを回避するための自治体の文書管理』が、第一法規から出版されました。   同書は、201・・・続きを読む

早川和宏弁護士が、国立国会図書館政治資料課で講習会の講師を務めました。

2020年2月6日、国立国会図書館政治資料課(憲政資料室)で「近現代政治資料に関する説明聴取会」が開催され、早川弁護士が「アーカイブズの保存活用を巡る法的課題」と題する講演を行いました。  ・・・続きを読む

早川和宏弁護士が執筆した「『住民のため』の自治体公文書管理へ」が掲載された月間ガバナンス2月号が発行されました。

2020年2月1日、早川弁護士が執筆した論考「『住民のため』の自治体公文書管理へ」が、月刊ガバナンス2020年2月号20頁以下に掲載されました。 自治体における公文書管理の目的・法形式・要素が簡潔にま・・・続きを読む

早川和宏弁護士が執筆した書評が掲載された『アーカイブズ学研究』31号が発行されました。

2019年12月に発行された日本アーカイブズ学会の学会誌『アーカイブズ学研究』31号に、早川弁護士が執筆した書評「三宅弘著『監視社会と公文書管理―森友問題とスノーデン・ショックを超えて』」が掲載されま・・・続きを読む

早川和宏弁護士が、埼玉県川口市で研修の講師を務めました。

2020年1月20日、埼玉県川口市役所で「令和元年度 情報公開・個人情報保護研修会(管理職級研修)」が開催されました。   早川弁護士は、同研修会で「情報公開制度をめぐる最近の動向」という演・・・続きを読む

早川和宏弁護士が執筆した「公文書管理のあり方」が掲載された『アカデミア』132号が発行されました。

市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)が発行する機関誌『アカデミア』の令和2年冬号(132号)に、早川弁護士が執筆した「公文書管理のあり方」が掲載されました。 この論考は、令和元年8月28日に市町村・・・続きを読む

早川和宏弁護士が、板橋グリーンカレッジで講義を行いました。

2019年11月11日、18日、25日の3回にわたり、早川弁護士が板橋グリーンカレッジで講義を行いました。 板橋グリーンカレッジとは、区内在住・在勤の60歳以上の方を対象として板橋区が開催している2年・・・続きを読む

早川和宏弁護士が、神奈川県立公文書館で講演を行いました。

2019年12月10日、神奈川県立公文書館2階大会議室にて、神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 令和元年度第2回講演会が開催され、早川弁護士が「アーカイブズをめぐる法的課題」と題する講演を行いました。・・・続きを読む

早川和宏弁護士が監修者を務めた書籍『こんなときどうする?自治体の公文書管理~実際にあった自治体からの質問36』が出版されました。

2019年11月30日、早川弁護士が監修・分担執筆者を務めた書籍『こんなときどうする?自治体の公文書管理~実際にあった自治体からの質問36』が第一法規から出版されました。 同書は、早川弁護士が座長を務・・・続きを読む

早川和宏弁護士が、茨城県自治研修所で研修の講師を務めました。

2019年4月から10月にかけて、「法務マスター研修」が茨城県自治研修所で開催されました。 同研修は、全21日で構成されており、自治体職員に求められる法務能力を網羅的にマスターし、自ら課題解決に取り組・・・続きを読む

COPYRIGHT © 2015 FRONTIER LAW ALL RIGHTS RESERVED.