メンバー-member-

メンバー-member-

TOP > メンバー > 宮島渉

メンバープロフィールMember Profile

宮島渉

代表 弁護士

宮島 渉-Wataru Miyajima-

コメントComment

私がまだロースクールで勉強していた頃、尊敬する弁護士の教授から「良い弁護士には、3つのYが必要である。それは、勇気、優しい心、柔らかい頭である。」と教わりました。
当時はその意味を十分に理解できませんでしたが、弁護士になった今、私は、この教えを次のように理解し、胸に刻んで、日々、様々な案件に取り組んでいます。

「勇気」とは、どれほど困難であっても、正しいと信じることを貫く精神であると、私は理解しています。弁護士は、ときには、国家権力や反社会的勢力とも対峙しなければなりません。また、悪しき先例や法律に立ち向かい、それらを変えていかなければならないこともあります。そのためには、勇気が不可欠です。私はいつも、その選択に勇気はあるか、困難に屈してはいないか、と自分に問い質しながら、仕事をしています。

「優しい心」とは、依頼者の本当の気持ちを理解し、それを実現しようとする姿勢であると、私は理解しています。法律問題のほとんどは、どうしても納得できない、間違っていることを正したい、という気持ちから生まれます。しかし、その気持ちは、裁判で勝ちさえすれば、晴れるものではありません。なぜなら、法律が扱う領域は、そのような気持ちの一部にすぎないからです。そこで、依頼者に納得していただける解決となるよう、資料を読み込むだけでなく、密にコミュニケーションをとり、依頼者と一緒に、少しでも多く本当の気持ちを叶えられる方法を探していきたいと思います。

「柔らかい頭」とは、既存の知識や理論に精通しながらも、それに縛られない発想ができる思考方法であると、私は理解しています。弁護士である以上、法律・判例・学説に精通していなければなりませんが、これらはときに、自由な思考を妨げる壁にもなるものです。既存の判例等からすれば、あきらめるしかない事であっても、知恵を振り絞って、その壁を乗り越えたいと思います。そうできるよう、日々、様々な考え方に触れ、権威ある人の言うことでも鵜呑みせず、遠回りでも自分の頭で考えるようにしています。

私は、「3つのY」を大切にし、一つ一つの仕事に全力で取り組むとともに、弁護士として、人として、日々研鑽を続けていく所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

経歴Career

1997年
明治大学法学部卒業
2000年
司法書士試験合格
2001年
第14回世界青年の船(内閣府主催の国際交流事業)参加
2002年
司法書士・土地家屋調査士神田事務所に勤務
2005年
中央青山PwCコンサルティング㈱(現みらいコンサルティング㈱)に勤務 司法書士登録・独立開業
2010年
大宮法科大学院大学(4年制課程夜間コース)修了 司法試験合格  司法書士登録抹消・司法修習生
2011年
弁護士登録(第二東京弁護士会)
当事務所入所
2014年
当事務所代表弁護士就任
2015年
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(東京都港区 代表取締役中石真一路) 社外取締役就任
株式会社ウイルプラスホールディングス(東京都大田区 代表取締役成瀬隆章) 社外監査役就任

主な取扱分野The Field Of Main Handring

会社法(訴訟,非訟,株主総会支援,ストックオプション・組織再編等の各種手続き),コンプライアンス支援,事業承継・事業再生,契約(交渉・訴訟,契約書の作成・助言),風評被害(名誉毀損・プライバシー侵害・業務妨害への対応),営業秘密・競業避止義務(助言,書類整備,訴訟),民暴対策,債権回収,不動産(売買,担保権,借地借家,境界問題,信託),相続(遺産分割,遺留分減殺,遺言),離婚,行政(行政との折衝・訴訟),登記(法人,不動産)

著作等Writing

  • 2013年度プロ野球暴排実務者研修 講師
  • 第二東京弁護士会の定例研修(2012年)「暴力団排除等のための部外への情報提供について」-(23年通達)の活用と近時の判例にみる暴力団等の属性立証における問題点-パネリスト
  • 企業内研修(コンプライアンス・契約法・民暴対策等)の講師を多数担当

所属学会・弁護士会等Position Society & Bar Association

  • 民事介入暴力被害者救済センター運営委員会(第二東京弁護士会)委員
  • 紛議調停委員会(第二東京弁護士会)委員
  • 弁護士業務センター(第二東京弁護士会)委員
  • 研修センター(第二東京弁護士会)嘱託

COPYRIGHT © 2015 FRONTIER LAW ALL RIGHTS RESERVED.